わたしの手作りウエディング!招待状の基礎知識

手作りウエディングを実現しよう

おすすめリンク

手作りウエディング実態について

手作りウエディングの場合は、通常のウエディングと比較すると会場の候補の幅が広がります。 通常と同様に式場を選択しても構いませんし、自宅や職場等慣れ親しんだ環境を会場に選ぶことができるからです。 ご自身の希望やニーズに沿った会場を選ぶようにしましょう。

手作りウエディングの招待状について

手作りウエディングを行う際、招待客に送る招待状も自分で作成することができます。 手作りで作ることができるので、自分で自由にデザインすることができます。 また、招待状の形態や素材も自由度が高まりますので、クリエィティブさが求められるかもしれません。

会場の準備をする

ウエディングといえば、ブライダル専門の店に注文するのが当たり前だと思います。
しかしながら近年、結婚関連のイベントに多額のお金をかけようとしないお手軽婚を行うカップルが増えてきている中、そうしたブライダル業者を介さず自分自身の手作りのウエディングを実現しようとする方が増えているようです。
このようなウエディングのことを手作りウエディングと言います。
手作りウエディングは自分自身でウエディングを作り上げなくてはならないので、相応の手間暇や時間がかかります。
しかし、通常のウエディングでは得ることができないメリットを享受することができるのもこの手作りウエディングの特徴となっています。

また、一から全て自分の手で作り上げる本格的な手作りウエディングだけでなく、一部を専門業者に依頼して、残りの部分のみを手作りにするというような業者のフレキシブルな対応も可能になっています。
例えば、得意な料理を振る舞いたいので料理は全て自分で準備するホームパーティー形式にするが、教会での式自体は専門業者に頼むというような分業体制の結婚式も実現することが可能になるのです。

通常かなりの額が必要になる結婚式のコストを大幅に削減することが可能になるだけでなく、自分自身の希望をより満足に叶えることができるのが手作りウエディングの最大のメリットと言うことができます。
ここでは、こうした手作りウエディングに関する事項について見ていきたいと思います。

料理等の準備について

式自体は通常のウエディングで済ませ、披露宴に代わるものとして自分自身の手作りの料理を振る舞えるホームパーティー形式のパーティーを開くことができます。 自分自身の料理の腕に自身の有る方にとってぴったりのアレンジの方法であると言うことができます。

TOPへ戻る